Topicle トピクル


マイページ

最新ニュースをみんなで語ろう!
ニュース掲示板ならトピクル

141HIT
3コメント

森永の甘酒「赤缶と青缶」の違いって知ってますか?

かもみーる( SYSOPE )

『甘酒』と聞くと寒い時期のイメージがありますが、昔は「飲む点滴」と呼ばれ夏がメインで飲まれていたそうです。

甘酒は塩分や水分だけではなく糖分やビタミンB群を適度に含んでいることから重宝され、夏には熱中症予防や夏バテ対策としてピッタリ✨

さて、森永の甘酒缶「赤色」と「青色」の違いを知っていますか?
①赤色が米麹仕立て、青色が酒麹仕立て。
②温かい甘酒が赤色、冷やし甘酒が青色。
③秋冬用は赤色、春夏用は青色。

私は自分で甘酒を作るまでは①と思っていました。
自宅で米麹を使った甘酒を作った時に何か森永の甘酒と違うなぁ?と思い、自販機へ向かいました。

森永の甘酒の原材料は、酒粕と米麹をどちらも使っていることで優しい甘みブレンドになっていました。
⇒⭐️正解は③
ちなみに、春夏用の青い甘酒缶には原材料に黒蜜が含まれています。


“森永の甘酒は、秋冬は赤のパッケージのみ、春夏は青のパッケージのみと販売時期が分けられている”
site:オリーブをひとまわし
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2020/01/post-7713.html


我が家では米麹が醗酵するととても甘いので砂糖は入れず、米麹と酒麹をブレンドしています!