Topicle トピクル


マイページ

最新ニュースをみんなで語ろう!
ニュース掲示板ならトピクル

10414HIT
26コメント

総務省-日本に「戸籍がない子供」が500人程度確認されている

通行人

総務省によると、戸籍がない人は、ここ数年、毎年500人程度確認されているといいます。
人はなぜ、戸籍がない、「無戸籍」になるのか?
その背景には、夫から妻への家庭内暴力・DV(ドメスティックバイオレンス)があるのだという。

夫の暴力から逃げ出し、居場所を知られるのを恐れて離婚もできずに歳月が経ち、新たなパートナーとの間に子供が生まれた場合、法律上は「夫の子」と推定され、「夫の戸籍」に入ります。
こうした事態を避けるため、母親が出生届けを出せず、子どもが無戸籍になってしまうというのです。

戸籍がないと、結婚、出産、死亡、相続といった手続きができないだけでなく、選挙の投票や運転免許証の取得が認められないなど、さまざまな不利益が生じてしまいます。

原則、戸籍法では、親は子の出生後14日以内に、出生届を提出しなければならないと決められていますが、様々な理由からこの届出をしない親がいるみたいです。
厚生労働省は現在、予防接種の未接種や学校に来ない所在不明児を全国調査している。しかし住民票がない子は「手がかりが無い」という現状。
運転免許も取得できないし、結婚もできないですね。
昔の日本なら考えられても、現代にもこんな悲しい現実があったんですね。