Topicle トピクル

From ミクル掲示板
 

女の子の好きな話題が満載!
女性向けニュース掲示板トピクル

98HIT
3レス

トヨタとJAXAが月面探査車開発でタッグを発表

匿名

トヨタと宇宙航空開発機構(JAXA)が、月や火星を目指す国際宇宙探査ミッションでの協業について発表した。水素と酸素で走る燃料電池車の技術で、月面を移動する有人探査車の開発を進める。

3月12日、東京都港区で開かれた国際宇宙探査シンポジウムで発表した。

トヨタが宇宙探査に本格参入するのは初めてのことだ。日本を代表する自動車企業とJAXAのタッグはどのようにして実現したのか。

国際宇宙探査ミッションでは、人類の持続的な繁栄を目指し、人類の活動領域の拡大と知的財産の創出を目的に、月と火星を目指す。その実現のためには、宇宙飛行士が月面で活動する有人探査に必要なモビリティ、「ローバー」と呼ばれる探査車が必要だ。

トヨタは水素の可能性に早くから着目し、クリーンでゼロエミッションを実現する燃料電池自動車を研究してきた経緯がある。ローバーでは水素と酸素で化学反応を起こして電力を生み出し、1万キロメートル以上の走行が可能になるという。

今回、その燃料電池の技術と、トヨタ車の「耐久性」「走破性」などの技術の活用が期待されている。自動運転、人工知能、コネクティッドの技術も活かせると考えている。

JAXA広報によると、2018年1月ごろからトヨタと意見交換を始め、同年5月に両者間で共同検討の方向性で合意をしていたという。トヨタは2017年ごろから社内で検討していたが、実現に向け、JAXAとの協業を決めた。

今回の発表では、今後協力して検討していく「有人与圧ローバー」のコンセプトが明らかになった。

https://forbesjapan.com/articles/detail/26042

今日のピックアップニュース
1レス大坂なおみと小室圭のお金裁判問題
6レス週刊文春が不思議な分析を発表
11レスTOHOシネマズが値上げ
21レス内田裕也さん死去
25レス2023年女子サッカーW杯開催国に立候補
3レス年金機構のツイート、壊れている?
4レス香川真司が代表復帰
10レス日本に打撃を与える「対抗カード」を検討
9レス江東区「アポ電」強盗で男3人を逮捕
80レス後藤真希 不倫報道
ランダムピックアップ!
11レス吉野家の牛丼サイズに2サイズ追加
11レスTOHOシネマズが値上げ
5レス沖縄 石垣島での自衛隊反対派のプラカードに疑問
31レスホテルの備品、どこまで持ち帰る?
3レス年金機構のツイート、壊れている?